新作T入荷日にて。

NEWアイテムが店に並ぶと、友人達に必ずかける強制集合のTEL。

一度にたくさんの仲間をご紹介といきたいところですが、
書ききれないので、順を追ってのご紹介。  まずは本日この2人。


輿石 ユウマ君 (30) 大工 (向かって左)

蛭田 ノリヒデ君 (29)とび職 (向かって右)

b0153207_14492.jpg


満面の笑みの彼は、私の小学校からの幼馴染み。
その横で斜に構えているのは、私の弟です。

弟の経歴もなかなか面白いので、いずれご紹介いたします。


本日のスポットは、輿石ユウマ君。

私が小学3年生の時、兵庫県の宝塚市から彼が転校してきてからの付き合いになります。


当時、彼の持ち前の愛嬌と、聞きなれない関西弁に私は興味津々で、
「一緒にドッヂボールやろうぜ。」等とよくちょっかいを出していたので、
クラスは違えど、打ち解けるのにそう長く時間はかからなかったように思います。


・・・とある日の授業中。

窓際の席に座る男子生徒の一人が、

「おぉっ! 5組の転校生がOOとケンカしてるぞ!!」
と、騒ぐので思わず覗き込むと、
顔を真っ赤にしてOOと取っ組み合いをしている彼の姿が・・。

「へぇ~・・・、いつもニコニコしてるあいつにこんな一面があるとはねぇ。」

高みの見物もいいとこですが、小3なりの感心の念は記憶に深くあります。

相手のOOも新入りの以外な腕っ節に驚かされたはず。
その後の5組内での政権交代を思うと、OOにも少し同情します。

そんな子供なりの戦場を何度かくぐりぬけて、高学年になる頃には、ユウマが転校生だったことなど、皆忘れてしまうほど見事にとけこんでいたのです。


30になり、集合場所が近所の空き地から居酒屋へと変わったこの頃。

「お前にとってあの頃は毎日が戦争だったんかねぇ。」

お決まりの頼みもしない勝手なドラマチック問いかけに対し、彼が待ってましたとばかりに
苦労話を始めることはあるはずもなく、 ただニヤリとし、


「いやいや、オレは全然、逆に毎日楽しんじゃってたよ。」  と一言。


・・・なかなかニクイ野郎でございますなぁ・・・。                 by  HISAO
[PR]
by luckyjohn | 2009-02-07 17:06 | Comments(0)
<< ゾクゾク入荷中~!! NEW BAG完成! >>